無料査定・お問い合わせ

新品・中古のトータルステーションを現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームなら365日24時間受付対応

校正・検査について

トータルステーションの校正・検査について

校正・検査について

トータルステーションは測量を行う会社にとってはなくてはならない機材です。
トータルステーションを用いることで、距離と角度の測定をまとめて行うことができるため、高精度な測量が可能となります。
その一方、どの企業の担当の方もそうなのですが、価格が高く、管理に手間がかかることに頭を悩ませています。
 トータルステーション 新品 高価 
トータルステーションを新品で購入すると1台あたり150万円前後の出費が必要となります。
また、一般的にトータルステーションのような機器の校正は、JSIMA(日本測量工業会)の定めによると、12ヶ月以内に実施することが良いとされています。
そのため、中古品の価値としては、定期的な校正を受け、さらにそれがJSIMA認定事業者であり、ISOの認証も受けていれば、保有しているトータルステーションの信頼性はさらに高まるといえるでしょう。

校正の買取価格への影響

価格が高額であることから、トータルステーションを中古で購入される建設・測量関連の会社も増えてきています。
そのため、測量関連機器の買取を強化しているところでございます。
トータルステーションのメーカーとしてトプコンやソキア、ニコンやペンタックス、ボッシュ、トリンブル、タジマ、ヒルティなどがありますが、どのメーカーのものでも、校正証明書と検査合格証が添えられていると、中古での買取価格は上昇します。
 JSIMA認定 
さらに取扱説明書や添付されていた測量に関するマニュアル、測量のハンドブックなどが一式揃っていると、使い勝手が良くなりますから、さらに査定金額が上がります。また、これはとても重要ですが、計測ができるかどうか実際にご確認をいただければ確実です。
付属品やバッテリーについても事前に動作の確認をお願いいたします。さらに、オプションの商品もまとめて査定に出していただけますと、買取価格がさらに上がります。いずれの場合でも、使用しなくなった時点でお早めに査定に出していただくことが、高額買取のポイントといえるでしょう。

当店での校正・検査について

当店ではトータルステーションの校正・検査業務は致しておりませんが、トータルステーションを売られる前に、校正を何処かで受けられても構いません。
校正を受けたのが新しい方が、もちろん査定額はUPします。
 検品 チェック 
ただし、古い機種などでは、校正費用よりも買取価格の方が、お安くなるケースもございますので、先ずは校正を受けられる前に、当店の査定担当者にその辺りを詳しく聞かれるのが良いと思います。