無料査定・お問い合わせ

新品・中古のトータルステーションを現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームなら365日24時間受付対応

トータルステーション(光波測距儀 )とは?

トータルステーション(光波測距儀 )とは?

トータルステーション 光波測距儀

トータルステーション(光波測距儀 )の歴史

トータルステーション(光波測距儀)は測量のを行う機器の1つです、測量の歴史は古く3~4世紀には行われていたとされます。 日本各地にある古墳が良い例です、海外ではエジプトのピラミッドも測量の技術が用いられているはずだと考えられています。 日本の測量が本格的に行われたのが江戸時代、現在の日本地図を大きな差異のない地図を書き出した「大日本沿海輿地全図」が登場しました。

この地図は伊能忠敬が17年の歳月をかけ完成させた、明治に入ってからは西洋の測量技術を取り入れ、日本各地でさらに精度の高い測量を行なわれた行きました 1874年(明治7)に内務省地理寮が設置され、まだお雇い外国人に指導されている状態でした、その後の1891年(明治24)には廃止されました。

その歴史の中で測量機器も進化してきました、古代においては単純な棒や縄などを使った測量から始まり、初めて日本地図を作った伊能忠敬が使用した、量程車(りょうていしゃ)をとやばれる測定義を使用しました。 時代は流れ、現在は光を利用した光学技術を利用した測定義により測量が行なわれています。

トータルステーション(光波測距儀 )の特徴

トータルステーション(光波測距儀)は、ありとあらゆる場所で使用されている現在最もポピュラーな測量機器です。 この機器は距離を測る光波測量義と、角度を測るセオドライド組み合わせた物をトータルステーション呼ぶ。 従来は別々で測量されていたが、この機器が登場したことにより同時に測量できるようになった。

これにより、今までより容易に測量が終えることが出来るようになった、さらにマイコン機能と液晶画面を内蔵し、パソコンやプロッター組み合わせてシステム化すれば、今までの測量と比較してより効率的な測量作業が行えるようになった。 このトータルステーションは製品シェアとして日本のブランドが比較的高いとされているのもちょっとした特徴だろう。

求める方(売買) このトータルステーションをお求めになる方は、機器自体が特殊な物ですのでカメラといった一般的な物とは違い限定的な商品ではあります。 それ故に、以外にも売買需要はあります、測量を生業した測量会社様は勿論のこと、個人事業主で測量を行っている土地家屋調査士様は覗く価値はあるでしょう。 実際、新しい測量機器を手に入れたが、古い測量機器は如何すれば良いのかと悩まれるかもしれませんが、そういったときは中古品を買い取る業者が存在しています、そういった所にご相談を持ちかけるべきでしょう。

測量会社様に関しては、導入コスト抑えて状態の良い中古品を手に入れたいと考えていることもあるでしょう、そういう時は売買を行っている業者に相談を持ちかけるべきでしょう、お望みの物が案外簡単に手に入るかもしれません。